FC2ブログ

冬の日差し

金魚 goldfish

冬の寂しげな日差しがまだまだ続きます。
写真とる回数が減ったのも、そのせいでしょうか?

水換え後、水槽のガラス面に付いた苔をスポンジで落とすと、苔が水に混ざってこの様に濁ります。
金魚達は口をパクパクしだすので、水中の苔を食べてるのでしょう。
翌日は真緑のフンで一杯です。

金魚 goldfish

「よっ」

いいプリケツ。

金魚 goldfish

「まだまだ寒いっす」

この子も中国産。心無しか中国産の子達は大人しい気がします。
背中のアーチがキレイ。下っ腹の出具合もキュートです。


金魚 goldfish

「えいっ」

土佐金の様にはいきませんが、体型のせいでターンをする時はちょっと大変そう。


金魚 goldfish

このキャリコ柄、スゴくお気に入りです。
金魚の吉田さんのミックスいけす(500円均一)で見つけた時は驚きました。
ずーっといけすに張り付いてましたね。

もう買えばいいじゃん、何を迷ってんの?みたいな。

色んな金魚を見ていないと、良い金魚、好みの金魚がどれだけ希少か分からないです。
柄、体型、大きさ、鱗の密度、健康状態。
これらが揃ってる金魚は中々いません。特にキャリコ柄は難しいですね。

しばらく飼育してから気付いたり…。アラヤダウチの子ってばもしかしてキレイ?みたいな…。

金魚 goldfish

発情しまくってたイジメっ子の素赤流金さんも、今ではすっかり大人しくなりました。

ほっぺたとか、真っ白く抜けてたのに、いつの間にか猩々(ショウジョウ)と言っていいほど、
お腹まで真っ赤になりました。


金魚 goldfish

シンプルな柄ってやっぱり水槽内で生えます。
日差しを通した真っ赤な尾ヒレはガラス細工の様な、水彩画のような、そんな繊細で力強い美しさです。

水草に付いてる気泡もキレイ。

熱帯魚やってた時は、この気泡を出す為に、
低床をソイルにしたり、照明を強くしたり、二酸化炭素を添加したりなど、
悪戦苦闘してましたが、、、。

国産の水草なら、そのまま自然にしてればいいだけ…。手間いらず。
当たり前なんですけどね、色々考えてしまいます。

土地の違う生物を飼育するのは、大変なんだなと改めて思いました。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。